アナログ、アナログ、アナログ!

テクニクスSL1000R、ビクターMC-L1000の導入など、かなりアナログに入れ込んでいましたが、フォノイコライザーも実はいろいろやっていました。
MC-L1000をどうしてもトランス経由ではなくハイゲインのMCフォノイコで鳴らしたくて、とうとうチェロSuiteMCフォノイコを入手しました。
よって、また恒例のガラガラポンが始まりました。
まずは現状のプリアンプの配置です。
イメージ 1

ゴールドムンドのプリはリモコンで操作することが多いので、手の届きにくい左側に移動し、Suiteは右側に配置する予定で、場所を空けました。
イメージ 2

左側のSuitePremiumバージョンのMCフォノモジュールとPバージョンの出力モジュール、PバージョンのCDモジュール、そしてラインモジュールの入ったもので、右側が現用のSuiteで、こちらにはフォノモジュールはPバージョンとBバージョンのMMが入っています。
イメージ 3

今回は新規導入のスイートからPバージョンのMCフォノモジュール、Pバージョンの出力モジュール、それからラインモジュールを移植することになりますが、まずはこのようにモジュールを外します。
イメージ 4

新規導入のSuiteから外したモジュールです。
イメージ 5

こちらは現用のSuiteから外したモジュールです。
イメージ 6

モジュールを外すには裏板を外して、縦にずらっと並ぶ穴の中のネジを外す必要があります。
このネジはモジュールに電源供給と信号ラインをつなぐバーとの接続なので極めて需要なもので、通常の幅のモジュールで10個、2倍の幅のモジュールで20個あります。
2台のSuiteのモジュール脱着で、約250本のネジを外し、250本のネジを締めたことになります。
500本のネジ回しと接点の清掃で、朝から晩までの1日仕事になりました。
イメージ 7

完成したSuiteで、Pバージョンの出力モジュールが2個、PバージョンのCDモジュールが2個、PバージョンのMCMMのフォノイコとラインモジュールの構成で、余りのスペースが無いという最強のSuiteが完成しました。
イメージ 8

こちらはBバージョンの出力モジュールとPバージョンのCDモジュール、そしてBバージョンのMMフォノイコが入ったもう一台のSuiteになります。
イメージ 9

ラックに積み上げた状態で、上のSuiteでテクニクスSB-M10000を鳴らし、下のSuite4350LumenWhiteを鳴らします。
イメージ 10

最近はアナログばっかりやっているので、カートリッジもいつの間にかこんなに集まってしまいました。
しばらくやっていなかったアナログを再開し、こんなに手がかかって面白く、音作りに手腕を発揮できる素晴らしい世界だと認識しています。
イメージ 11

アナログ再興の弾みで8月19日の読売新聞朝刊に出ました。
イメージ 12

スポンサーサイト



コメント

No title

日本中のSuiteモジュールが一堂に会した観がありますね。これだけで一冊できそうです。

No title

先生の良い出音を求め追求する情熱とガッツには敬服致します!!

自分だったら500本のネジを回して、接点を磨き上げて組み上げるなんて・・・気の遠くなる作業ですが、それを難なく仕上げてしまう技・・・経験の積み重ねですね!! 見習って頑張ります。

No title

アナログ再開したと思ったら、
この凄い追い上げ、
脱帽です!

No title

照準定めたら一気に突進しますね。凄いエネルギー!
小生も以前モジュールの並べ替えをしましたが腱鞘炎になりそうでした。2日がかりでした。

No title

bj44v190eさん、それほどでもありませんが、好きな音のアンプなので、集めました。一応これで一段落です。

No title

ヒデさん、確かに500本はたいへんでしたが、好きなことを始めるとあっという間でした。取材頑張ってください。

No title

リベロさん、この前の真鶴ミーティングが引き金になってます。準備万端迎え撃ちです。おいで下さい。

No title

信者どの、北の信者はSuite経験者ですから、よくわかってくれていると思います。PバージョンのMCフォノイコはアンバラなのに、何故かfischerプラグが付いています。そこに、オルトフォン のバランスフォノケーブルで繋いだ時のSNの良さはたいしたものです。フルボリュームでもほとんどノイズが聴こえません。

No title

こんばんは。

モジュール式のプリアンプ、メーカー&設計者の英断にエールを送ります。
専用に作るよりモジュールは大変です。ネジ締めの多さも製造部門からは意見されたと思いますよ。

しかし・・・プレーヤーは何故アンバランスが多い(標準?)のでしょうか?。MC/MMどちらもコイルによる起電ですから素直に考えればバランスなんですけどね?。


カートリッジ、沢山ありますね!。聴き比べはアナログの醍醐味ですね~。

No title

西やんさん、なかなかセッティングがたいへんなアンプではありますが、出てくる音を聴くと文句も言えません。
カートリッジはバランスフォノケーブルは製品もあるし、自作も容易なんですが、バランスフォノイコが少なくて困りますね。

No title

音質よりも互換性とコスト優先でRCA端子が使われていると思います。

No title

確かにそうですね。特にSuiteのフォノターミナルはFischerなので面倒です。

No title

先日 MC Anna diamond の試聴をしてきました。

analogも最終形態まで進化していることを実感しております。
アレは脱帽ものでした。

No title

hirochanさん、いや、シングルがダメなことはありません。メンバーが好きな4350がダブルなのでDWs'を名乗っているだけです。ブログの投稿が少ないのはFace Bookが出来たからです。そんそん投稿をお願いします。

No title

大王さん、あれは凄いらしいですね。でも値段を考えると聴くのが恐ろしいんです。
非公開コメント

プロフィール

nazootoko4350

Author:nazootoko4350
2001年発足のオーディオ集団Double Woofers'のナゾ男です。
気楽な集団ですから、皆さん、気軽に書き込み、そして飲み会の案内時にはぜひ遊びにお出でください。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR