4350の高域ホーンの置き方、どっちがいいかなー

今、4350は①300Hzのクロスで純正の高域を鳴らし、②500Hzのクロスで蜂の巣ホーン(ドライバーはGauss HF4000)+低域コンデンサーカットの075)、③650Hzのクロスでウッドホーン(ドライバーはExclusive TD4001+低域コンデンサーカットのステンレスホーンにTD2001を組んだもの)を鳴らしています。
低域は共通でJBL1500ALとJBL2215Bの2 wayです。
チャンデバは3つの周波数ともにMark Levinson LNC2Lです。
最近一番鳴らしているのは、ウッドホーンでWE300Bシングルで鳴らしています。
ちなみに蜂の巣ホーンはUV211シングル、純正高域はCello Performance IIです。
ウッドホーンと300Bの良さに惚れ込んでいますが、4350の上に2種類のホーンを載せている関係で、左右の間隔が狭いのが悩みでした。
取り敢えず、以下の写真のように、左右で違う置き方を検討しました。
4350-1.jpg

一応これで、左右の比較をして、違和感のないことを確認して左右ともにウッドホーンを外側にしてみました。
両者とも内振り無しです。
これで両者ともステレオイメージが広がり、今日の労働の効果はあったと判定しました。
4350-2.jpg
スポンサーサイト



コメント

No title

会長、やはりウッドホーンが良いですか。
4350は奥行きが狭いから、わちしはかつて板の天板を載せて、色々と並べていました。笑

No title

リベロさん;ウッドホーン+WE300Bシングルがいいですね。8Wしかない高域が何でこんなにいいんでしょうかね。。
非公開コメント

プロフィール

nazootoko4350

Author:nazootoko4350
2001年発足のオーディオ集団Double Woofers'のナゾ男です。
気楽な集団ですから、皆さん、気軽に書き込み、そして飲み会の案内時にはぜひ遊びにお出でください。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR